まだ業務用食材で消耗してるの?~飲食店オーナーが知るべき食材仕入のコツ~
まだ業務用食材で消耗してるの?~飲食店オーナーが知るべき食材仕入のコツ~ » おすすめ業務用食材通販カタログ » 果物

果物

業務用食材の果物を紹介します。おすすめできる商品3つを紹介していきますので、日常に果物を取り入れてみませんか。

おすすめ果物1

兼松)ミックスベリー

ミックスベリー
引用元:食彩ネット注文ページ:https://www.syokusai-net.com/product/4966.html

世界中で厳選された美味しいフルーツです。フルーツ本来の風味と甘さを堪能することができ、ヨーグルトやケーキなどのトッピングにもピッタリ。イベントやお祝いの席でも活躍できる食材です。

500g
価格 1,350円(税込)
主原料 ラズベリー(ハンガリー)、ブルーベリー(アメリカ)、ブラックベリー(チリ)、レッドカラント(デンマーク)、ブラックカラント(デンマーク)
産地 ハンガリー、アメリカ、チリ、デンマーク
最終加工地 国内
販売会社 食採ネット

おすすめ果物2

パッションフルーツ

 
パッションフルーツ
引用元:ロコパン:https://locopan.jp/shop/g/g33352/

爽やかな香りが特徴のパッションフルーツ。油物が続いた時にピッタリの果物。あっさりと食べることができるフルーツです。後味も爽やかでスッキリしたい時におすすめ。冷凍で送られてくるので、新鮮さはもちろん、冷凍保存で食べたい時に食べることができます。

500g
価格 380円(税込)
主原料 パッションフルーツ
産地 ベトナム
最終加工地
販売会社 株式会社クロコ

おすすめ果物3

【新商品】輸入)さくらんぼシラップづけ 

さくらんぼシラップづけ
引用元:タスカルネットショップ:http://www.tasucallshop.com/search/detail.php?prod=00000037411

大きさは小ぶりですが、粒が揃っていて、甘みのあるシロップに漬かっています。ケーキを作る時やお弁当や仕出しの飾りつけにも使うことができる果物で、シロップにより甘みが増しているので疲れた時など甘いものが食べたいと感じる時にも最適。

4号缶(425g)
価格 313円(税込)
主原料 さくらんぼ(中国産)、砂糖
産地 中国産
最終加工地
販売会社 株式会社 タスカル

業務用食材の果物のチェックポイント

日常で果物を取り入れることは少ないと思いますが、季節に関係なく、冷凍や缶詰にすることで果物の鮮度をしっかり守っておいしくいただくことができる果物がたくさんあります。

業務用で購入することでお得にさまざまなものに使うことができます。お弁当の飾りにもピッタリですが、ケーキなどを手作りする際にも果物は必要になりますが、色々な果物を使うことでケーキも豪勢に仕上げることができます。

食後にも果物を取り入れることで、不足しているビタミン類を豊富に取り入れることができ、美容、健康に欠かせないビタミン類を美味しくいただいて取り入れることが可能です。

フルーツを食後に楽しんでいるという方も、たまには変わったフルーツを取り入れてみましょう。お店に販売しているものもおすすめですが、冷凍で果物本来の甘さがギュッと凝縮された果物で日常の疲れを癒してみましょう。

少し変わった雰囲気で食事をしたいという時にも、お祝いなどの席にもピッタリの果物がたくさんで内容量もたっぷりなのでどんな活用法でも惜しみなく使うことができます。

冷凍ものはと考えている人こそ、厳選された冷凍果物を一度取り入れて欲しいと感じます。疲れが溜まっている時や忙しい日常でも果物は欠かせないという人にもおすすめできる果物が豊富に販売されています。

一人でも用量はたっぷりですが、小分けして冷凍することで、食べたい時に食べることができ、急なお客さんなどが来た時にも買い物に行く必要もなく、慌てることもなく、冷凍から出すだけでおいしくいただくことができます。

果物にはたくさんのビタミン類が含まれていて、美容のためにも毎日取り入れることで不足しているビタミンを手軽に補うことができ、食後の後味をスッキリさせたいという時にも果物は欠かせません。

一般的な食事に果物を飾ると子どもも大喜びでしっかりと食事を楽しむことができ、お弁当の飾りにもピッタリで、食事が楽しくなること間違いなしです。

果物を季節で楽しんでいる方も多いと思いますが、今の時代はさまざまな技術により鮮度を保って季節に関係なく美味しい果物を食べることができ、業務用の果物を購入することで、お得に果物を取り入れることができると思います。

スーパーや果物屋に足を運んでも少し高いと感じると購入するのに抵抗を感じてしまいますが、業務用なら抵抗を感じることなくコスト面も安く抑えることができ、果物も手軽に取り入れることができます。

業務用食材の仕入れでは、卸業者と通販どちらがお得?