まだ業務用食材で消耗してるの?~飲食店オーナーが知るべき食材仕入のコツ~
まだ業務用食材で消耗してるの?~飲食店オーナーが知るべき食材仕入のコツ~ » おすすめ業務用食材通販カタログ » 豚肉

豚肉

業務用の豚肉商品おすすめ3選を紹介!価格や販売会社などの基本情報のほか、簡単な特徴もまとめています。豚肉の仕入れでお困りの方はぜひ参考にしてくださいね。

おすすめ豚肉1

黒糖仕込みのバラチャーシュー500g

黒糖仕込みのバラチャーシュー
引用元:ミクリード食材注文ページ:https://www.micreed.co.jp/shop/commodity/0000/128871/

豚ばら肉を薄く塩漬けし、ボイルをして500gにカット。黒糖タレで袋に詰め込みレトルトし、柔らかく仕上げています。そのままでも、加熱しても美味しく食べることができます。

 量 500g(固形量約400g)
価格 1,225円(税抜)
主原料 豚肉、醤油、黒糖、砂糖、異性化液糖、料理酒、米発酵調味料、卵蛋白、水飴、食塩、他
産地 不明
最終加工地 国内
販売会社 株式会社ミクリード

おすすめ豚肉2

豚バラスライス500g

豚バラスライス500g
引用元:タスカル食材注文ページ:http://www.tasucallshop.com/search/detail.php?prod=00000003158

焼肉、炒め物などにおすすめの商品。冷蔵庫で自然解凍して使うことができます(お急ぎの場合は流水解凍)。

 量 500g
価格 611円(税抜)
主原料 豚肉
産地 不明
最終加工地 日本(三重)
販売会社 株式会社タスカル

おすすめ豚肉3

トントロスライス500g

トントロスライス500g
引用元:ロコパン食材注文ページ:https://locopan.jp/shop/g/g16025/

サクサク食感が好評のトントロを、使用しやすいバラ冷凍で。スライスされているためオペレーションも簡単です。中心までよく焼いて仕上げてください。

 量 500g
価格 860円(税込)
主原料 豚肩肉(アメリカ他)
産地 アメリカ他
最終加工地 不明
販売会社 株式会社クロコ

業務用食材の豚肉のチェックポイント

豚肉の味は、飼育のエサに大きく左右されると言われています。日本国内では、豚を飼育する際のエサを海外産のものに頼っていることがほとんどのため、一般的なスーパーマーケット等で販売されている豚肉の場合は産地による品質の差があまりありません。一方で銘柄豚の場合はエサにこだわって飼育されているため、そこで味や品質の違いが出てくるといえます。

また、豚肉に限ったことではありませんが、ひとくちに豚肉といってもロース肉やヒレ肉、バラ肉、もも肉など、さまざまな部位がありますね。それぞれの部位には、それぞれ適した調理法や味付けというものがあります。仕入れた豚肉をどんな料理に使うのか?によって、選ぶ部位も違ってくると思うので、まずは各部位の特徴を把握することも大切といえるでしょう。

業務用食材の仕入れでは、卸業者と通販どちらがお得?